angeluce* blog

遠隔ヒーリングとアチューンメント伝授をおこなっています。

新しいセッションスタイル

f:id:micahealing:20170514162901j:plain

 

アセンションによる地球の変容により、ヒーリングエネルギーもどんどんバージョンアップしていっているのでで、追いつくのが大変です!

それにセッションのスタイルもどんどん変化していってますよね。

私はヒーリングに何万もかけるのはバカバカしいと思っています。とはいってもあまりに安くても、ヒーラー側からしたらいかがなものかな?とも思います。こちらもそのための時間やエネルギーをつかっているわけだから、対価としてはある程度はいただく必要があると思っています。

それを痛感したのは、以前に無料でマッサージを受けたときに、やっぱり無料ってネックだなぁ・・・と思ったものです。やっぱり無料ってのは施術側にも「甘え」を感じるんですよね。こちらも無料だからなっていう変な遠慮や妥協があるし。そうなると研磨しようとか向上しようというモチベーションがなかなかあがらないと思うんです。それが双方にとってもいいことじゃないよなって。

でもやっぱり何万は高すぎ。だってヒーリング受ける人って正直体調が優れないなど、いろいろな事情で経済的にきつい人も多いんです。そんな人から大金とれますかね?私も以前はない中でやりくりして交通費かけてヒーリング受けに行ったものです。

ヒーリングも、もう遠隔で全然いけちゃうんですよね。アセンションが進んできているので、遠隔も以前より届きやすいし、受ける側も、ヒーリングとかスピリチュアルとか知らなくても、無意識にアセンションの影響は受けていますから、以前よりヒーリングのエネルギーが浸透しやすい。

前は対面で部屋を掃除して準備して、1時間みっちり施術してお話して・・・家まで行って室内の浄化したりまでしていた頃がありました。でも今はそれはもうそれほど必要ない。もちろんそれも大事な経験だったし、その時のベストだった。でも時代が変化したら、どんどん新しいあり方へシフトしていった方がいい。これが一番だと頑なに固執することはないと思ってます。今では同居している家族にでさえ、遠隔でやってしまう。そのほうが楽だし早いし。効率のよい方が絶対いい。

カウンセリングさえもう必要ないと思う。最低限のサポートはあってもいいけど、あまりヒーラーが干渉するのはよくないと思ってます。以前サンジェルマンかミカエルかにいわれたことあります。「クライアントはコップ1杯の水がほしいと思っている。それがヒーラーがパワフルすぎるとコップから水は溢れ出してしまう。それはクライアントにとって必要のない部分だ」と。これを理解して自分に落とすのにはすごく時間かかりました。

それにね、ヒーリングエネルギーの中に変化のためのエッセンスが充分入っているから。受けた本人がそのエネルギーとワークして内的に気づきや変化が起きて、それをマスターなり天使がサポートしてくれるようになっているから。本当にヒーリングがやりやすくなりましたし、受け取る側にもメリットが多くなりました。嬉しいことです。