angeluce* blog

遠隔ヒーリングとアチューンメント伝授をおこなっています。

大天使サンダルフォンと星のエナジー

f:id:micahealing:20170727222038j:plain

 

今年に入って、地球の変容の波が一層強くなっている気がします。

結構キッツいなぁ・・・と思うときもあり。特に7月26日、昨日ですね。

きつくて夜もあまり眠れなかった。そして夏なのにすごく涼しい。暑いのが苦手なので、このまま秋になってくれればいいのに!っていったら、娘がハァ・・・(-_-)っていってましたが。

 

でもってタイトルの大天使サンダルフォンです。

昔私の守護天使サンダルフォンといわれたことがあります。そうなんだ~とは思いつつも、基本人とか流行の影響をもろ受けるくせに、心底では疑り深い性質なので、自分で納得しないと人の言うことは信じないです。

ハートで納得しないと、腑に落ちないと、前に進めないタイプ。

で、今回やっと守護天使サンダルフォンなんだな、と腑に落ちました。

大天使サンダルフォンのエナジーは、不思議です。サンダルフォンメタトロンは兄弟で元人間だった、という情報は知っているのですが、所詮それは外からの情報。

エナジーで感じることを、自分のハートで感じたことを大切にしています。

その過程で感じることは、サンダルフォンメタトロンは、天使だけども、他の天使とはエナジーが少し違うのです。

なんというか、セラフィム熾天使)的な、波長が高いところからきている。

他の天使が低いイコールダメっていうのではなく。

セラフィムのエナジーは波長が高いですが、高い波長というのは、普段は必要ないんです。ヒーリングなどには。むしろ一度対面でセラフィムがきたとき、クライアントさんは怖がって、上着さえ脱がずにかたまってましたから(-_-;)

知らないものには畏敬の念をこえて、恐怖すら感じます。

そういったセラフィムのエナジーは、レクイエム的な感じというか、闘病で亡くなったり、ひどい事故などで亡くなった魂のケアをされているところをみました。

癌を患って末期の方が、どこか半分肉体から解き放たれて、安らかな状態にいるとき・・・そんなときにもセラフィムを感じたりしました。

メタトロンは宇宙的な感じ、サンダルフォンは天国(ヘブン)的な感じというか。。。

サンダルフォンの先には、星のエナジー、私はアンドロメダかな?が背後にあり。

でもって、高いところから、天国に近いところからきたアンドロメダ由来の天使の魂たちの守護をしているみたいなんですよね、サンダルフォンは。

自分が志願したという記憶は、ここ地球に生まれ落ちた時点で消え去りましたが、このアセンションの時期にあわせて、地球の変容の一部を担い、生まれ落ちた魂たち。

わりと自分自身のことより、他人や環境の変化に敏感で、身体で感じやすい体質。

大病を患った人も。

でもサンダルフォンたちが守っているので、その病の傷は、その人のカルマでなく、地球のネガティブを背負ったものだから、ヒーリングをしてくれている。

よくここまで生きてこれたものだ、と思う。

その地球の痛みを、ハートに溜まるので、パニック障害や胸腺系の病気として表出したり。

サンダルフォンは、インナーチャイルドも深く癒やしてくれるし、単純にインナーチャイルドだけでなく、地球の痛みを背負ったその人の魂ごと癒やしてくれる。

メタトロンは、地球の痛みを背負う天使的な体質の人より、高次元のエナジーを地球にもたらすためにきた魂が、その高次レベルで機能するがゆえに、地球のシステムに対応しきれない、結果発達障害などとレッテルを貼られて、本来の才能を発揮しきれない人たちをサポートしてくれている感じ。

うちの娘はどちらかというと、メタトロン系だよな~って思います。

メタトロン系の人は、身体は結構丈夫です。タフな方だと思う。思考が強い。ただいかんせん脳が・・・^^;才能を発揮できないと、殻に閉じこもりがちになったり、頑固が強烈になるので、その辺和らげて、地球に対応しやすくしてくれる。

その辺のエネルギーワークを、これからさらにやっていく流れなんだろうな・・・という気がしています。

理論や知識はゴミ箱に捨てて、エモーションで。音と色と、光のスパイラル。

ハートで感じる世界。

私は知識がないので、そこで自信がなかったのですよね。でも「そんなものは必要ありません」とはっきり天使からいわれている感じです。

私が知識を求めることを放棄するまで、天使は厳しかったです。

「そんなのはあなたらしくない」と。

意外と天使というのは、厳しいところは厳しいです。

でもとても深い愛ゆえです。

なので天使とのコミットは、本当に本当に長く続きます。

途中で逃げ出すことも。

でも結局は、そんななかでも天使の愛の中で育まれているんですね♪